<< ロンドンインター | main | Happy birthday ! >>

ロンドン雑記

アンニョンハセヨ!かなです。

 

ヒースローを飛び立って10時間と少し。

経由地のインチョンまで来ました。日本まであとちょっと!

 

やはり待ち時間があるのでブログを書こうと思います〜

 

ロンドンインターの試合会場はロンドン近郊なので、ブラックプールやUKのように現地に移動して宿泊するほどでもないです。

でも当日バスや地下鉄で大混雑のシティを抜けるのは大変!(一度経験済み^^;)ということで、前日にブレントウッドの隣駅・シェンフィールドまで移動しました。

 


ちなみにオイスターカード(Suicaみたいなもの)が使えるのはこの駅までです。

 


お世話になったのは、いかにも欧米かって雰囲気の門構えのお宅♡

とてもキレイで快適なので、部屋から出たくなくなってしまい困りました(^^;;

 

門から入って正面のお部屋を借りたのですが、1階なのがポイント高かった!

何しろ荷物が多いので、2階以上のお部屋だと重いスーツケースを運ぶのが大変です。

 

先日ブログでも紹介した移動前のフラットも1階でとても助かりました。

 

そのへんは光先生の得意分野!

よく計算して宿を予約してくれています。

 

フラットは『Air bnb』というサイトを使って探しているのですが、家主さんともメッセージでやりとりして、

 

「不在時には鍵をキーボックスに入れておくから勝手に取り出してお部屋に入ってね!暗証番号は〇〇〇〇です。」とか、

「明日は朝早く出掛けるから、ベッドの上に鍵を置いてチェックアウトしてね」

 

みたいな感じで、ヘタすると家主さんに一度も会わずに泊まれてしまいます。

 

プライベートが確保されていて自由に行動できるからお互いにいいですよね。

私たちの拙い英語も、会話よりメールの方が気楽だし。

 

 

また、今回光先生の旅程で大成功だったのが、電車の乗り換え!

 

以前はあまり考えずに乗り換えていたので、階段にぶちあたると大変でした。

こちらの方は困っていると声をかけてくれるのですが、それにしてもスーツケースが非常に重いので手伝ってもらうのも申し訳なく。。

 


そこで考えたのが、エレベーター(注:イギリスでは、エレベーターを『リフト』と呼びます)がある駅で乗り換えること。

これ、大荷物を抱えているときはすごく重要です!

 


これは地下鉄マップですが、車いすのマークがある駅がエレベーター完備の駅です。

スーツケースを持って乗り降りするときは、要チェック!

 

これをみるとセントパンクラス&キングスクロス駅が最強なのがわかりますね。

でもセントパンクラスはとても大きな駅なので、エレベーターを探すと迷路感がすごい!


案内図をよく見ないと後悔します。

 

アルバートホールでの本戦の日は、このセントパンクラス駅近くのホテルに泊まりました。

 


ラウンジ。

またもやいかにもな螺旋階段と高い天井!

エレベーター完備のホテルは荷物の心配がありません。

 


ホテルの生花。

菊の花に違和感を感じるのは日本人ならではですね。

 

以前お世話になったフラットの日本人オーナーさんは、イギリスに来て菊の花束をプレゼントされたとき驚いたそうです^^;

 

 

セントパンクラス&キングスクロス駅からはヒースロー空港までも地下鉄で一本で便利。

 

衣装や食材(帰りはお土産)をスーツケースいっぱいに詰めて来ますから、なるべく負担が少なくなるような工夫は大切ですね!

 

 


時間があるとビールを飲んでしまいますね。。

暇は体によくないな。

 

光先生は辛ラーメンを楽しんでいました(o^^o)

 

 

ではまた日本で!

 

 

かな

 

 

YYDC * スタッフ日記 * 17:53 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ